はらへったのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS おもしろいことになってきやがった

<<   作成日時 : 2016/11/10 11:55   >>

ナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 3

朝一番、CRF(慢性腎不全の意)がCFR(悪の巣窟と目される外交問題評議会w)に空目しました。

なーんてどうでもいいはなしはおいといて。



トランプが当選しましたが、マスゴミの煽動しか目に入っていなかった人達には、クリントンがギリギリで勝つという幻想を信じていた人が相当多かったようで、驚いています。B層多すぎです。(笑)
トランプの支持の裏には米国の反知性主義があるのでは、などという見方もあるようですが、それはそれとしてある程度あったかも知れませんが、それ以上にクリントン一味の背後に居る軍産複合体やら新自由主義者やら(要するにユダ金)の搾取やら強欲やらのせいで自分達の生活をボロボロにされていることに対する怒りがあったのは間違いないです。その点について無知な方が多かったことに本当に驚きました。

圧倒的な支持率の差にさすがのユダ金もこれをひっくり返すのは容易でないと判断したのでしょうか。途中開票が滞ったように見えた時間がありましたが、そのあたりに最終判断を下していたのでしょうか。これからトランプを懐柔したり、うまくいかなければ暗殺したりするのでしょうか。
推測ばかりしちゃってますが、裏で何があったのか気になって仕方が有りません。

これからユダ金も生き残りを図っていろいろと企んでくるでしょうし、既にある程度保険を掛けたからトランプの勝利を甘んじて、ということも充分に考えられます。
しかし、これからの時代は通貨システムそのものが大変革してしまう可能性があり、要するにユダ金がこれまで数百年間掛けて作ってきたシステムは地球上に不要という流れになるでしょう。神か仏か大宇宙かガイアかフロイかわかりませんが、そういう判断が下された、ということらしいです。
いずれ、しばらくは大変な時期が続くでしょうけれど、これまで作り上げてきたインフラをうまく活用し維持しつつ、生活の質を下げすぎることなく、連中に搾取されないようなシステムをどう再構築していくかでしょう。

普通に働けば、みんなが豊かに楽しく幸せに暮らすことが出来る社会、もうひとがんばりで出来始める気がしていますが、さりとてどういうシステムにしたらいいのか、色んな人が色んな意見を出して、地方自治体や国家を超越したアイデアの出し合いが必要になっていくように思います。

そのために多言語で書き込み、話し合いが出来るようなシステムの構築が必要でしょう。英語を暫定的に共通言語として扱ってみるのも一つの手ではありますが、英語では自国語のようにニュアンスが伝わらないという場合も出てくるわけですから、そうなると新たな翻訳システムの開発なんかも必要になるかもしれません。
Facebookで翻訳機能はありますが、精度が低すぎて使い物になりませんから、もっと色んなデータを集めて、大資本家のインチキ金儲けのためでない、より高度な意思疎通のやり方を開発すべきなのだろうと思うのです。

はて、そんなの誰がやるの?という事ではありますが、やるやらないはおいといて、色んな意見をもっともっと出し合う場が必要なのだろうと思うのです。
2ちゃんともFacebookともるいネットとも違う、高度な内容を扱いつつも皆が目に出来書き込めるような議論の場が有ったらいいなと思うのです。

米国は反知性主義で、ステイハングリー、ステイフーリッシュだそうですが、ジョブズがバカであるべし、と言うことの裏にはいつまでもバカのつもりで好奇心旺盛にいろんな事に取り組み色んな知識に貪欲であるべき、と言いたかったのではないのかなと思っているのです。いつまでもフーリッシュでいたら、ユダ金の奴隷から抜け出せませんからね。(あるいは、凝り固まった西洋の「学問」には石頭を作る効果があったり、何らかのドグマにハマることを怖れての反知性主義なのかもしれません。日本の「学問」には論語に始まる、人徳を磨くことも含まれますから、その違いは難しいところですね。)

さあさ、自分に出来ることはなんだろう?
私も考えます、皆さんも是非考えて下さい。
いろいろ知恵を貸してください。力も貸してください。
一つ一つの小さな力を沢山集めて、でっかい元気玉を作りましょう。
ペーパーバック版 スティーブ・ジョブズ 1
講談社
ウォルター・アイザックソン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ペーパーバック版 スティーブ・ジョブズ 1 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



スティーブ・ジョブズ 無謀な男が真のリーダーになるまで(上)
日本経済新聞出版社
ブレント・シュレンダー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スティーブ・ジョブズ 無謀な男が真のリーダーになるまで(上) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 34
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
今回も間違いなく不正選挙はやっていたと思います。やらなければダントツにトランプが勝っていたはずです。開票途中で数字が止まったのは正にユダ金の迷いでしょう。
不正でヒラリーに勝たせたリスクの方が大きいと判断したのだと思います。
トランプは、そのうち取り込むか暗殺できると・・・
トランプの勝利演説が融和路線になったのはユダ金の影響か、トランプの戦略か?
大手メディアに関しては完全にヒラリー当選前提でやってましたね。
今回大きい事案は、世論調査と選挙結果が一致しなかったとバレてしまった事です。大手メディアの失墜が露呈しただけでも収穫はありました。
トランプ自身の評価は来年就任式までじっくり様子見ます。
それにしてもネットの影響力は大きいですね。
噂タク
2016/11/10 17:31

選挙前のメディアの様子を眺めていると、
完全にヒラリーを勝たせる流れになってましたよね。
不正も実際、決行したんでしょうが
結果的にトランプが勝ったという事は…

単に裏社会の工作が失敗したからなのか、
それともここは一旦負けておこうという
裏社会の計算が働いたのか、気になるところです。

裏社会も生きるか死ぬかの瀬戸際なので
今はおとなしくしておいて
トランプさんを無力化するチャンスを
虎視眈々と狙っている様な気もします。

なんせ負けが見えて来たヒラリーが、
念入りに打ち合わせしているかの様に
姿を隠した後出てきて、
「負けて申しわけない。
トランプ氏に協力する」
みたいな事を
しおらしくほざいてたのが不気味。


トランプさんが大統領として手腕を発揮
できるのはまだ先の話。
それまで裏社会がどう動くか。
ここからが本当の正念場かもしれません。

母うさぎ
2016/11/11 09:33
>噂タクさん
インチキがどんどんバレて、落選後も反トランプ運動にソロスがカネを出していたことがバレ、ウソやインチキはどんどんバレていくようになりました。お次は911のヒミツをトランプがちゃんとバラしてくれるかどうか、ですね。
ここまでやって寸止めだったら怒っちゃうぞ!(^-^)

>母うさぎさん
ここに来て大人しく引き下がったかのように見えるのは気持ち悪いですね。暗殺か、取り込みか、あるいはどんなインチキを使って来るのか、はたまた実はトランプもあちら側だったりするのかもしれませんし、なかなか見極めどころが難しいです。
はらへった
2016/11/14 10:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
おもしろいことになってきやがった はらへったのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる