はらへったのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 化学調味料でむくむ話

<<   作成日時 : 2017/05/08 10:31   >>

ナイス ブログ気持玉 62 / トラックバック 0 / コメント 9

何度か取り上げておりますが、化学調味料について。

調味料(アミノ酸等)あるいはグルタミン酸Na(ナトリウム)と書かれたものは、いわゆる化学調味料です。
これを毎日とり続けたり、過剰に摂取するといろいろと害が起きます。
中華料理症候群とか呼ばれる、頭痛、顔面潮紅、しびれ感などはよほど大量に摂らないと起きませんが、日常的に化学調味料入りの食べ物を毎日摂取していると、手足のむくみ感、神経過敏によるイライラ、アレルギー性疾患の悪化などは普通にあります。

患者さんが手足や顔がむくんだようになると言って来院されましたが、食生活を聞いてみたら、秋田ではおなじみの「味どうらく」を愛用しておられるとのことでした。
何にも害がないのなら好きなように飲み食いすればいいのですが、ハッキリと症状が有る以上は止めるべきだと思いますので、化学調味料について一通り説明し、やめてもらうことになりました。
次回来院されたときには症状が改善されているはずですが、改善されていないときは心不全、腎不全、甲状腺機能低下などの検査をしましょうか、と話しました。

瓶入りのめんつゆなどは手軽で簡単で味もそれなりです。
ですが、それを毎日とり続けていることで、どれだけ身体を痛めつけているかということです。

化学調味料を一週間断って、手間を掛けて昆布や鰹節などでダシを取り続ける生活を送った後で、市販のめんつゆを食べようものなら、不味くて食べたくなくなります。
健康を維持し、病気を防ぐには、お金も手間暇も少しは必要、と思って下さい。
そうはいっても、昆布や鰹節などはよほどの高級品でもない限り数百円からの出費でしかありません。
お醤油や味噌も一瓶数百円、通販で箱買いしても数千円です。

安いとはいえ、わざわざ美味しくないものを食べて身体の不調を自覚するくらいなら、ほんの数百円の出費で元気な身体を手に入れましょう。


道正昆布 天然日高昆布 大容量 500g
道正昆布

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 道正昆布 天然日高昆布 大容量 500g の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



かね七 天然だしの素パック 400g( 8g×50p)
かね七

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by かね七 天然だしの素パック 400g( 8g×50p) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 62
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
自作麺汁は私も大好きです(^O^)

ヒゲタ本膳・みりん・伯方の塩・昆布を使って作りますが、今回は失敗…(-o-;)など、色々あって飽きないですね。

埼玉秩父で有名なせきたのお蕎麦に我が家の庭で採れるたらの芽の天麩羅をブチ込んで、戴いたりしています。

併せて通ってるスポーツジムでエクササイズストレッチをやってますが、肩凝りと浮腫が最近無くなりました。

先日独立党の先輩党員と一緒にお酒飲んでましたけど、これ以上体鍛えてどうすんの?とツッコミありましたね(^-^;)

前記事で速読のお話がありましたが、四十の手習いは特に面白くない宅建士テキストを懲りずに速読して、脳細胞がどこまで進化するのか実験中です。

プロフィア乗り
2017/05/08 18:30
はらへった先生、こんばんは。

>化学調味料を一週間断って、手間を掛けて昆布や鰹節などでダシを取り続ける生活を送った後で、市販のめんつゆを食べようものなら、不味くて食べたくなくなります。

これ、本当にそうなりますね。
食べ物本来の味がわかるようになりますね。

なお、出汁をとるのが面倒なようなら、化学調味料不使用の調味料や、インスタント食品もありますよね。
been
2017/05/08 20:52
>プロフィア乗りさん
タラの芽、子供の頃は嫌いでしたが、大人になると美味しく感じるようになりました。お庭で採れるなんていいですね。(^o^)
ストレッチ、やっぱり効くんですね。いろいろ本を読んだりしますが、不精なせいで長続きしません。
テキストの速読、早く何度も繰り返しているうちに、チョットくらいの難しさなら脳が覚えてくれます。

>beenさん
そうですね!
最近は無化調の食品がじわじわ増えていますし、あのにんべんも無化調のつゆの素を発売しましたからね!嬉しいことです。(^o^)
はらへった
2017/05/09 10:06

私もダシ取り派です!
(o^O^o)

味噌汁はもちろんの事ですが、夏の盛りの暑い時期のひやむぎなどのつゆも絶対自分で作ります。

昆布、煮干し、醤油、みりん、最後に長ネギを大きいまま入れて火を止めて冷まします。

手間も時間もかかりますがメッチャ美味しいし、市販のめんつゆなんて不味くて気持ち悪くて食べられません。
(-_-;)

私が、お昼のお弁当も夕食も毎日自分で作ってると言うと、職場の同僚などは「まめだね〜。面倒臭いし疲れるから買って済ませちゃう。」と言う人や、また「私料理しない女。全部買って済ませる。」と言う極端な人もいます。
今は自分がどんな食生活をするのか、様々な選択肢がありますね…ものが溢れてるから。
しかし…健康を考えたら、自分で作るのがいいに決まってるのになー!

仕事から帰っての夕食作りは、いい気分転換にもなりますしね。料理って五感を使うから料理する事自体も体に良いんですよ。
ヽ(・∀・)ノ

母うさぎ
2017/05/09 20:47
>母うさぎさん
手間暇を掛けて出来上がった美味しいものの味を覚えてしまうと、インスタントには戻れませんよね。
料理の楽しさが分からないのは勿体ないことです。(^o^)
はらへった
2017/05/11 09:09
プロフィア乗りさんが言われた秩父のせきたの蕎麦が、私が秩父蕎麦に出会ったきっかけでした。
道の駅『あらかわ』でお土産で買って帰ってハマりましたw
現在はドライブ中に各お店で頂いてます。

母うさぎさんのダシの取り方読んでると、やはり西日本の方だなと思いました。西日本はダシ文化、東日本は醤油文化とか言います。
西日本は水が軟水だからダシがよく取れるのだそうです。東は硬水が多いとか。
紅茶を入れる時も、軟水だと渋みまで全部出て香りが飛ぶので硬水で入れたほうが良いそうです。ヨーロッパが硬水で紅茶が美味しいのはその理由らしいです。
噂タク
2017/05/14 18:22
>噂タクさん
軟水と硬水の使い分け、あまり意識したことがないのですが、きちんと使うと味が変わって面白そうですね。(^o^)
はらへった
2017/05/15 10:39
関西と関東を行き来すると、
軟水と硬水の差に気が付きます。
特に野菜の味で。
火山灰土の有る無しが大きい様で。
土自体のpHとも影響し合っています。

東北の食材は、
ハズレを引く率が少ないですね。
本来の味が生き残っている感じ。
空と海と山が連続したものだと言う事も
北に行くと分かります。
GWは、角館〜八戸、三陸を
うろちょろして居りました。

脱線。
富山の湧き水でパスタを湯がくと
一瞬で水が白くなりますw
こう言う水が有る所は日本酒が美味い。

九州と四国の味で育っているうちの親の
作っていたソーメン用の出汁は
スルメイカの出汁が隠し味に入っていました。
一度お試しあれ。
おっ?って感動する、、かも。
ポンにだ
2017/05/15 23:25
>ポンにださん
水は土地によって色々なんですね・・・。
スルメイカのだし、美味しそうです。試してみます。
はらへった
2017/05/17 09:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
化学調味料でむくむ話 はらへったのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる