日々音読の中年親父

浪人しているうちの息子が先日から帰ってきていまして、勉強はしない時間の方が圧倒的に多いのですが、だからといってやれやれいうと嫌がられるし、なかなか難しいところです。まあ、医学部を受けるわけじゃないんで受かってくれりゃなんでもいいんですが。

息子は東進ハイスクールのお世話になっているのですが、あそこはネットで授業を受ける形式なので、自宅受講しております。リビングのテレビにスティックPCを繋いで、授業をたまに一緒に見たりするのですが、英語の今井宏先生がやたらめったらと面白くてしかもわかりやすいのに感激しているところです。文科省も学校をこういう形式にしたらいいと思うんだけど、いつまで明治以来のカビの生えた学校制度をつづけるつもりやら。

この今井先生、我が郷土秋田の出身ということで親近感を覚えつつ、著書を買い求め、ちらりと読んでみました。
まあ見事なものですね。語学の習得には音読こそ至高。只管音読。

私自身高校時代に英語が伸び悩んで、毎日勉強してるのに偏差値50後半から抜け出せずにいたところ、半年ほど毎日音読を続けていたところ、模試でいきなり偏差値70が出たときには本当に驚きました。

この数年、TOEICを受験したり語学の再勉強をしていたのですが、今年は6月頃から毎日音読を続けています。
来年の夏までには終わらせて、TOEICがどれくらい得点できるか頑張ります。




この記事へのコメント

プロフィア乗り
2018年12月15日 18:37
偏差値といえば、動画が消されたり色々あった何かとアレなRK埼玉寄居講演会で、中学校の頃を思い出してしまいました。

中学校には四時間目に登校して、給食を食べると早退していたので、偏差値は30位だったと記憶してます(^-^;)

中年親父になってから、国家試験やら技能検定やら受ける事がありましたが、何事も勉強ですね。

ここ最近体調を崩し、風邪?と思われる症状に見舞われので、ユンケル黄帝液に子供用風邪シロップを混ぜて服用し、養生しているこの頃です(^o^)




2018年12月17日 10:55
>プロフィア乗りさん
ちょっと前に記事にしましたが、日本の学校のシステムは明治以来ほとんど改革されていないまま来ていますので、問題山積です。先生達が現場で出来る工夫も限りが有りますので、どうしようも無い状態です。
うちの娘も学校に行きたくても行けなくなったりして、色々大変でした。

大人になって、資格の勉強をされているのは素晴らしいことだと思います。

ドリンク剤に風邪薬、義父もよくやってたみたいですが、意外に治るらしいですね。