テーマ:読書

日々音読の中年親父

浪人しているうちの息子が先日から帰ってきていまして、勉強はしない時間の方が圧倒的に多いのですが、だからといってやれやれいうと嫌がられるし、なかなか難しいところです。まあ、医学部を受けるわけじゃないんで受かってくれりゃなんでもいいんですが。 息子は東進ハイスクールのお世話になっているのですが、あそこはネットで授業を受ける形式なので、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ワクチンを打たない自由はリスクと引き替え

ワクチンについては過去にもいくつか記事を書いていますが、今回は私の身近で起こったことについて書きます。 先日、お子さんが産まれて数ヶ月というママさんが来られて、ワクチンを子供に打ちたくないから一筆書いてくれと無茶なことを言われました。 この方については、何度も顔を合わせており、問題がなくもない方なのですが、それはさておき。どうし…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

速読のための小道具の話

はっと気が付いたら二週間も更新をサボっておりました。 日常の忙しさに流されて、ドンブラコと流れに流されていたところで、川で洗濯しているおばあさんが今時いるでなし、ましてや桃でもなんでもない身、気が付いたら大海は目の前であたふた、となってしまいそう。 時代の流れの変革期にあるこのご時世、何も考えずにただ目の前の事にばかり気を取られ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

米政府、致死性ウイルスの製造を解禁/米国防総省のUFO研究、地球外生命の証拠「確信」と元責任者

気になった記事が二つあったので転載します。 https://www.cnn.co.jp/usa/35112238.html 米政府、致死性ウイルスの製造を解禁 2017.12.20 Wed posted at 11:45 JST (CNN) 米国立衛生研究所は19日、インフルエンザなど致死性ウイルスの製造研究再開を認める…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨夜は読書会でした

昨夜は馴染みのカフェを借り切って読書会でした。 五分間で一冊に目を通すという方法を試しにやってもらったところ、「そんなのできるわけないでしょ」と言ってたAさんが、五分後には「これは革新です!」と驚き興奮していました。 五分間速読一回では理解度が低いことが多いですから、適宜速度を変えたり、読む回数を増やすなどする必要はありますが、…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

目覚める深夜と爆睡する早朝

もうすぐ選挙ですが、うちの息子も18才になったので日曜は模試があるのに選挙にも行かなきゃということで、どういうスケジュールにするかと考え中です。期日前投票でもいいんでしょうけど、やっぱり不正選挙を警戒すると、どうなのかなと思ってしまいます。 秋田では先日金田勝年の地元能代にアベちゃんが来て演説したそうで、産経系の記事で野次を飛ばした人…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

毒親と凶悪犯罪者とサイコパス

うちのお袋の学歴コンプレックスとカミサマキチガイにはほとほと参っていますが、今は出来るだけ電話は長引かせない、うざくなったら電話を切る、出来るだけ直接顔を合わせない、などで対処しています。親父は孫の顔が見れなくて可哀想ですが、子供らのためにも我慢してもらうしかないでしょう。 田房永子さんの著書を何冊か読んだのですが、世の中にはオソ…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

明治以来の伝統的奴隷教育を改革しちゃあどうか

昨日、リチャード・ドーキンスの本を読もうと思って、表紙を外して指にペララサークルを貼り付けて、前書きをぺらぺらめくっていたら、担当MRさんが何人も来るので、しょうがねえなと相手をしていたら、口が滑って面白い話がベラベラと出て来たので、メモ代わりに記事にしておきます。 今の政治がダメなのって議会制民主主義だからで、しかも与党は世襲バ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いま[世界と日本の奥底]で起こっている本当のこと

御大将の新刊です。是非購入を! トランプ政権はキッシンジャー政権である! いま[世界と日本の奥底]で起こっている本当のこと この大動乱のメガチェンジを読み切る!ヒカルランド 2017-07-05 飛鳥 昭雄 Amazonアソシエイト by トランプ政権はキッシンジャー政権である! いま[世界と日本の奥底]で起こ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

読書録2017の続き

http://harahetta.at.webry.info/201702/article_3.html の続きです。 127冊有ったので、それまでの30冊と足して157冊。 例年通りならずいぶんな読書量なのですが、今までの限界を超越した冊数を目指しているので、まだまだ足りないなぁと思ってしまいます。(^_^;) 本代がとんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

速く読むにも程があるだろうってのに、そこがADHDなのか

(速読の話、第三話) フォトリーディングを練習していて、見開き1ページを一瞬で見渡すわけですが、めくった瞬間に「あら、読めてるぞ?」と思う瞬間がやってきました。フォトリーディングで内容が把握出来ているという確信が持てたのです。マインドマップの講座を受けたときに講師の先生にそのことを話したら、「それが重要なんですよ」との御返事でした…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

さらに速さを求める今日この頃

(前回に続きます) 神田昌典さんの著書に出会うことで、フォトリーディングを知ります。 取り敢えずポール・シーリィの著書を購入し、じぶんなりにやってみましたが、速度は確かに上がりました。それだけではなく、集中講座を受講することをよほど考えましたが、受講費が高いばかりでなく、田舎住まいですから交通費宿泊費もかかります。まずはホームス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私が速読にこだわる事情

ここんとこ、すっかりお勉強&速読ブログになってますが、私が速読を始めたいきさつについて記しておこうと思います。 私がADHD(注意欠陥多動性障害)であることは何度かここで書いていますが、よほど夢中にさせる物以外は長続きせず短時間で済ませたい、面白いものほど先に早く進みたい、とにもかくにも待てない、退屈に堪えられない、という性分があ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

こんな時期ですが大風呂敷を広げてみる

最近速読の方法をブラッシュアップしたり、自己啓発系の本を読みまくったりといろいろしていたせいか、久方振りに大風呂敷を広げてみたくなりました。 自分自身が心底望むことってなんだろう? どうにも許せないことってなんだろう? 絶対にやりたくないことってなんだろう? ・・・などなどと考えているところです。 スケールの大きな望み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

速読のお手本・・・にしてはレベルが高いですが

何度か速読の話は取り上げていますが、小飼弾さんの二丁拳銃読みの動画を見てすげぇなぁなんて思っていましたが、最近また英語の勉強を続けているうちにTOEICの勉強つまんねー!(ビジネス英語は無縁の業種だから当然だが)となり、また逃避しているうちに日本語速読の速度と精度を上げたくなって、いろいろ検索していたら、小飼弾氏同様の物凄い人がいま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春だからこそ自分を分析してみるか

春です。 雪が降っても昼前には融けています。 話が通じなかったり、やけにハイテンションな患者さんが来院されます。 生後5ヵ月(推定)のハナちゃんにサカリが来て毎日うるさいです。 ハナちゃん、サカリが来るにはちょっと早いかなと思ったのですが、生後1ヵ月くらい野良で過ごしましたから、過酷な生活が繁殖を求めているのかも知れませんね…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

読書記録2017のはじまり

以前からTwitterに連携して流していますが、ブクログで読書記録を付けています。 事の始まりは高校生の頃、平井和正先生の本のあとがきに角川春樹氏が読書の記録を付けているという話が出ていて、おいらもいっちょやってみるべと始めたのです。 購入した本と読み終えた期日を、高校一年の終わりから、大学を卒業するまではずっと付けていました。…
トラックバック:0
コメント:29

続きを読むread more

読書等の記録2016 まとめ

2016年に読み終えた本のリストです。 文字数制限があるので、リンクも何もしない不親切な記事でゴメンナサイ。(^_^;) 1)人生を変える読書 美達大和 2)ビブリア古書堂の事件手帖6 三上延 (小説1) 3)整形した女は幸せになっているのか (星海社新書)北条かや 4)稼ぐまちが地方を変える―誰も言わなかった10の鉄則…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

読書記録2016の残り

皆様、いかがお過ごしでしょうか。 今日は仕事始めでしたが、2日の夜には当直だったので、正月明けのけだるい感じとは無縁に仕事を始められました。 さて、昨年の読書記録の残りと総括、そして今年の目標です。 目標の年間100冊は維持できたものの、小説はまるで読む余裕なし。 語学の勉強もしていたので、仕方ありませんが。 今年こそ…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

読書記録の途中経過

読み終えた本の記録をブクログで付けています。 今年は一年で100冊以上読破する目標でしたが、カウントしたら既に110冊に到達していました。 購入する本の数を100冊未満にするという目標も立てていましたが、もう、どれがどれやら分からなくなっちゃったのでそっちはごめんなさいということで。多分そろそろ超えてます。積ん読なもんで。 …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

北秋田の読書会

昨夜は読書会でした。 持参された本は画像の通りです。 今回は募集をかけずレギュラーメンバーwのみでしたので、気がねなく出来たのは良かったです。 でも、初めてお会いする方と意見を交わし合う緊張感もまたいいんですけどね。 画像は満腹熟女ねーさんからお借りしてます。Thank you ! こちらはいつも会場に使わせて…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

生きる希望を失った人間は斯くも脆いものなのか

連休のど真ん中で当直をやるという、いささか無茶なスケジュールだったせいもありますが、塩分と血圧の話とか、放射線病の話とか、書こうかと思って資料集めしているうちに旬を過ぎてしまった感があり、結局記事に出来ないままで終わってしまいました。リクエストがあれば書かないことはありませんが、あまり期待しないで下さい。 連休中にTOEICテスト書き…
トラックバック:0
コメント:45

続きを読むread more

「政治」「統治」からの脱皮

ここのところ何度かツイートしていますが、日本は政治体制そのものを根本から変えるべき時期に来ている気がします。 「政治家による政治」の終焉、これが全てを物語っているね。日本の政治家による政治体制ももう終わりが見え始めているし、これからは直接民主制をどういう形で導入すべきか考える時期。  トランプ氏を担ぎだした、米国を裏で仕切る新勢力…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

新年度の抱負

エイプリルフールも無事に終わり(笑)まして、新年度となりました。 新年の記事では今年の目標を設定しました。 ★買う本を100冊以内 ★読む本を100冊以上 ★週に2冊は本を読了する ★年間30冊は小説を読む、月に2~3冊くらいを目安に ★週に一本以上日本語字幕や吹き替えなしでドラマなどを見る。 ★北秋田の読書会を今…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

やっててよかったの?ヘボン式・やらなきゃいいのに訓令式

最近えげれす語のお勉強をしているのは先日ちょこっと書いたとおもいますが、やればやるほど日本の英語教育が英語習得の妨害ばかりしているように思えてなりません。 以前から考えていましたが、小学生にローマ字を教えるのはやめて欲しい。 ローマ字の御蔭で簡単な音は理解出来るようになる面はあるけれど、日本語と一対一対応にしてしまうため、英語の…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

速読のやり方

何度か記事にしていますが、北秋田で読書会をやっていまして、その際に参加して下さった方にお渡ししている資料を紹介します。 コツを掴むまではなかなかスピードが出ませんが、あるとき突然に、「凄いスピードで見ているのに、内容を把握することが可能」だったことに気が付く日が来ます。出来る様になるのではなく、気が付くのです。どうやら人間はそういう能…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

最近はまっていること

そろそろ冬も終わりに近づいて、草が萌え出ずる季節になりつつありますね。 もう少ししたら、のぼせて鼻血が出たり、セイヨクが亢進したり、退屈の虫が疼くようになっちゃいます。 心のご病気を患っておられる方々はブレーキが掛けにくくなったりもする時季です。 今回は退屈の虫が疼くと何か新しいことを始めたくなって毎年なにかおっぱじめるという話で…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

糖質制限の匙加減

糖質制限食を推進しておられた、桐山秀樹さんが急逝されたそうです。 謹んで哀悼の意を表します。 Facebookで2013年頃の画像を見ると、既に肌の具合がおかしくなっているので、もしかしたら、糖尿病以外に何かを患っておられて、それで糖質制限で無茶をされたのかもしれませんね。 夏井先生や江部先生の健康的な顔付きとは全く違…
トラックバック:0
コメント:23

続きを読むread more

新しい社会が到来したときに行うべき日本の教育改革へのメモ/読書記録など

新しい社会が到来したときに行うべき日本の教育改革へのメモ。 あくまでメモです。今後機会があれば少しずつ自分の意見を書いていこうと思います。 ユダ金が弱体化して日本人が日本人の手に社会を取り戻す日が到来したときのために、記しておきます。 また、そう遠くない将来、きっとそうなるだろうと確信しています。 ★教育は国の要なので、教員…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

北秋田読書会、盛会にて終了~♪

昨夜は私が主催している「北秋田の読書会(仮称)」でした。 春夏秋冬に一回ずつ、3ヶ月おきくらいにやっています。 毎月やってくれという参加者も居るんですが、なにしろ還暦過ぎて気ままに暮らしておられる方の云うことなので、「こっちはヒマじゃないんですよ!(笑)」なんて返してます。 それに、毎月なんてやっていたら、たちまちオススメしたい本…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more