はらへったのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 生育環境について思ったことのメモ

<<   作成日時 : 2017/09/19 09:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 5

毒親問題、久しぶりの太宰治ときて、生育環境について考える。ユダ金大富豪どもの生育環境ってどうなんだろう。やっぱり親が子供の面倒をみるような環境ではないのだから、へそ曲りが増えるのだろう。ザッカーバーグがロックフェラーの孫、だとする説もあるが、彼が育児休暇を殊更にアピールするのも、何かの反動なのだろうか?

http://tocana.jp/i/2015/12/post_8147_entry.html
この記事、どこまで真実なのだろう。ほぼ真実だとしたら、やっぱり生育環境がよろしくなかったのか。

そしてまた、家柄や財産ばかりで育ちのよろしくない大人が権力を握って、デカダンスに走ったら、ビジネスや娯楽として戦争を起こし、世界が滅び切らない程度に悲しみや憎しみを意図的に作り出し増幅することを無上の(もちろん屈折した)喜びとする輩も出てくるだろう。まして他民族を虫ケラ同然にしか考えていないのなら、それも納得できる。

やっぱりユダ金とはいつどんな形になるか分からないけれど、真正面から対決しなきゃならないだろうね。
そのためにも、まずは知性と教養と人格陶冶、ですかね。未熟、未熟ぅ!



「毒親」の子どもたちへ
メタモル出版
斎藤 学

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「毒親」の子どもたちへ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 32
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時

>ビジネスや娯楽として戦争を起こし…

血も涙も無いっていうか、こういう悪魔達の生育環境って私達にとっては想像する事すら難しいですよね。
普通の人間は善なる心や良心を誉められながら育てられ、邪悪な心、良くない心は封印し表に出さないように、人が嫌がる事はしないようにしつけられますが、ユダ金大富豪の家庭では何か根本的に我々とは異なるんだろうなって思います。むしろ逆に近い?

少なくとも奴らは、「我々は特別な存在。世界のほとんどの人間は家畜のようなもので、我々のおもちゃにして遊んで良い。生かすも殺すも自由。」っていうのは絶対思ってますよね。

お金が腐るほどあって働かなくても孫子の代まで一生遊んで暮らせる事が保証されていたら、欲しい物は何でも手に入るし普通の遊びにも飽き飽きして退屈で、世界という舞台を使って壮大なゲームに興じるようになるんでしょうか?

しかしその先には一体何があるというのでしょうね?
やはり悪魔は破滅を目指してるんだと思わざるを得ません。

母うさぎ
2017/09/23 21:44
>母うさぎさん
苫米地英人が若い頃デビ爺と交流が有ったそうで、彼らは彼らなりに世界を「心配」しているらしいです。あまりにも大局的に物事を見すぎてしまって、もはや老子の思想みたいになっちゃってる面もあるとか。まさしく「天地は仁ならず、万物をもって芻狗(すうく)となす」みたいな感じでしょうか。だからこそ、平気で戦争を仕掛けたり、核や細菌兵器を開発させたり出来るのでしょう。

我々庶民、特に日本人は為政者に徳を求めます。仁のない人物は人の上に立つべきでないと皆思っています。多分に論語の影響が強く、国語の教科書以外では一般には読む人が少なくなったのに、いまだにその考えが残っているということでしょう。

論語を初めとする東洋哲学と違い、西洋哲学の場合は如何にして人心を掌握して治世するか、となると仁ではなく如何に人心をコントロールして騙くらかし、言いように操るのか、という面がどうしても出てくるようです。だからこそ、聖書に出てくる戒律で人を縛り付けておかないといけない、ということになりますし、またそれを悪用してうまい汁を吸おうとする輩が現れる、とも言えます。

我々はそれを打破して、それぞれを尊重して、幸せに暮らしていけるような社会に再構築せねばならないのだろう、と思います。
まあ、今はまだブログでにゃあにゃあ鳴いているだけですけど、このことを理解する人がもっと増えたら、世界を動かすムーブメントになるかもしれません。てか、ならなきゃおかしいです。(^o^)
はらへった
2017/09/25 11:30
深いなー・・でも負けたくないない―
oyaji
2017/09/25 21:38
>はらへった先生

残念な報告ですが、来月8日の仙台講演会へは、仕事の都合で行けなくなってしまいました(ToT)

行く気満々で渋めのビジネスホテルを捜していた矢先なだけに、とても残念です。

私の職場も毒親に育てられた様な方がたくさんいますが、休日出勤の愚痴を聞いて過ごす事と致します(-o-;)

プロフィア乗り
2017/09/26 18:00
>oyajiさん
相手がどんなに強大だって負けませんよ。どちらが天の道に則った行き方をしているかは明らかですし、それに巨大すぎるものは自重で容易に崩れるのですから、我々はそれを生温かい目で見守ってやりましょうよ。

>プロフィア乗りさん
それは残念です。
私も息子の英検があってその送迎をしてやらねばならず、行けなくなってしまいました。

世の中毒親だらけです。私も呪縛が解ける数年前まではすぐ怒り怒鳴り散らす、毒親だったろうと思います。
みなさん少しでも自覚し、子供たちあるいはかつて子供だった人達もこんな事があるのだと自覚してくれたら、そこから道はひらけます。
はらへった
2017/09/27 10:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
生育環境について思ったことのメモ はらへったのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる