アメブロに戻ります

ウェブリブログが終了するとのことで、アメブロに戻ります。
行ったり来たりですみませんがよろしくお願いします。

https://ameblo.jp/harahetta61

過去記事でこれは保存しておかねばなんてのがありますかね・・・今となっては手間暇をかけて残すだけの価値があるのかどうかよくわかりませんが。

春の生存報告

はらへった50歳、中年太り街道まっしぐらに生きてます!
色々忙しくて落ち着いてブログ書いてる暇なんてありゃしません。

先日、初めてウチの病院のスタッフにコロナが出ました。これまで一人も出ていなかったのが不思議なくらいでした。

そのスタッフは熱が出たけれど発熱外来の予約が取れず困っているというので、抗原検査してみてはということで来てもらい、検査したら目の前でみるみる結果が出ました。抗原検査キットの色は赤く変わるのですが、ほとんど真っ黒の様な赤黒い色に染まっていき、我が目を一瞬疑ったくらいです。見事な強陽性。

その日は院内対応の会議が始まるわ、保健所に連絡するわ、希望者の検査をするわ、手持ちのイベルメクチン配るわで本当にてんてこまいでした。

その後患者さんには伝染することなく、スタッフも今は復帰しております。

濃厚接触者が出るたびにスタッフに家族人数分のイベルメクチンをお裾分けする、というのを続けてきたので今まで発症がなかったのかもしれません。ま、実際のところはよくわかりませんが。

イベルメクチンは二週間に一度、6mgを飲むことにしています。先週飲んだので来週また飲む予定です。


京都大学宮澤先生のTwitter!必読!

12月の近況報告

ウルトラマン、12月だよ?「シワッス!」

ご無沙汰しております。はらへったです。
公私ともにやることが多くてブログを書く暇がありません。
それだけ充実している、と言い換えることも出来なくはないですけど。(笑)

昨年一年かけて大学に編入し心理学を勉強しておりましたが、その流れで公認心理師の受験資格があることを知り、今年9月に受験し、無事に合格しました。医師+公認心理師のダブルライセンス持ちです!\(^o^)/
と、いっても医師免許があれば公認心理師のできることを包含してしまうんですが、資格を持っている方がわかりやすいかなと。それに、自分の人生のテーマをわかりやすく象徴する資格でもあるので、なんとかして取っておきたかったのです。
今勤務している病院の院長からも喜んでもらえまして、これからどう活かせるか、ますます勉強せねばならないなと思っているところです。

先日医師会のコロナワクチン当番に行きまして、なんとか一人でも打たずに済ませられないものかと考えて、根拠となるデータを挙げて、今はリスクの方が大きいけど、どうしますか?やめるならやめていいと思いますが、と10代の方々と親御さんには伝えました。
しかし、相当迷われて結局打ってしまう方がほとんどでした。
同伴したある母親からは「先生のような人にもっと早く出会えたらよかったのに」と言われ、自分で情報を探し出して考えるということができない人達があまりにも多すぎることを痛感しました。


これまた先日。
兄貴の奥さん(私とは保育園から高校まで同じところに通った同級生なので気心知れた相手)とLINEでやり取りしていたところ、コロナワクチンをうちは打たない、という話になり、「実はイベルメクチンを買って、ワクチンは旦那(私の兄)以外打ってない」というびっくり発言が出てきました。
話の流れでケムトレイルのことを持ち出してきたので、ケムトレイル説は昔さんざん調べたけれど、本当に良からぬことを企んでいるかどうかはよくわからないので、ほどほどにして、他にもっといろんな陰謀説はあるから、RKブログを読むようにと勧めておきました。
てっきり情報弱者かと思っていたら、自分で調べて反ワクチンに至り、イベルメクチンを個人輸入するまでになっていたとは驚き桃の木山椒の木。ケムトレイル説にはまっていたのはよろしくないですが、もっとディープな注意すべき「陰謀」があること、世界の流れが変わってきていることを知ってほしいなと思いました。

いろいろありますが、今のところ元気にやっております。
皆様もどうぞ元気にお過ごしください。

超・特効薬イベルメクチン - リチャード・コシミズ
超・特効薬イベルメクチン - リチャード・コシミズ
コロナにもワクチンにも殺されない方法: 東京五輪変異株感染爆発テロをしたたかに生き抜く - リチャード・コシミズ
コロナにもワクチンにも殺されない方法: 東京五輪変異株感染爆発テロをしたたかに生き抜く - リチャード・コシミズ医療殺戮としてのコロナとワクチン - 飛鳥 昭雄, リチャード・コシミズ, 菊川 征司
医療殺戮としてのコロナとワクチン - 飛鳥 昭雄, リチャード・コシミズ, 菊川 征司911自作自演テロとオウム事件の真相 - リチャード・コシミズ
911自作自演テロとオウム事件の真相 - リチャード・コシミズ

8月の生存報告

みなさまご無沙汰しております。

我が家は義母がご近所のばあちゃんたちの「打った?」圧力に負けて打ってしまいました。説得しましたが意志強固のため止められませんでした。
カミさんや子供らは打つ気なしです。ふう。

職場ではコロナ対応の責任者を仰せつかりました。まだ感染者は来られませんが、感染疑いの患者さんを一定期間対応することで、いざ本番となったときの練習にしております。
防護服の着脱や、器具や消毒をどこにどう配置するかなど、私以外は皆さん不慣れ(といってもコロナ患者さんは診たことない)なので、日々試行錯誤しています。

コシミズ大将の仰るように、ワクチン接種者が3年後に死屍累々になるのかどうかはその時になってみないとわかりませんが、少なくとも2回目以降の接種では看過できないレベルの副反応が続出しており、医療系サイトでも「打ったけどお勧めできない」「ワクチン推進派だったけれどこの副反応はひどすぎる」などという書き込みが増えており、ワクチン推進派と慎重派でせめぎあっています。ころびばてれん(笑)が増えているのは痛快ですらあります。

前から書いていますが、今ある有効な治療薬をどの医療機関でも必要に応じて十分に処方できるようにしてくれさえすれば、こんなバカ騒ぎをせずとももうすこし楽に暮らせると思うのですけどね。

我が家はカミさんと二人、ビタミン剤をいろいろ買って飲んでいます。
日本製は含有量が少ないので、専ら米国製をAmazonで買っています。
ビタミンや海藻類を食べて、免疫力を上げて頑張りましょう。

[海外直送品] ナウフーズ 【2個セット】  ビタミンC1000 ローズヒップ タイムリリース 250粒 Vitamin C-1000 Sust...
[海外直送品] ナウフーズ 【2個セット】  ビタミンC1000 ローズヒップ タイムリリース 250粒 Vitamin C-1000 Sust...
[海外直送品] ナウフーズ E-400(d-アルファ・トコフェロール) 250錠
[海外直送品] ナウフーズ E-400(d-アルファ・トコフェロール) 250錠

生存報告

 お久しぶりです。皆様お変わりございませんか。

 以前どこかの記事で転居することはちらりと書きましたが、この春に転職転居しまして、秋田を遠く離れたカミさんの実家でマスオさん生活を始めました。自動車通勤も病棟管理もずいぶん久しぶりですが、刺激が多く、楽しく仕事をさせていただいております。

 何の因果かコロナワクチン担当を言いつけられたのですが、看護師長ほか数名にワクチン懐疑派がおりまして、私が打たない理由を話したところ、ホッとしたそうで、その数名は接種しないことになりました。
そのほか大半のスタッフは接種しましたが、インフルエンザ予防接種の比ではないほど発熱者が続出し、死人が出やしないかとビビりまくっておりました。(;^_^A
今のところ「重篤」な副反応はなさそうですが、今後様子を見る必要がありますね。

もう一つ。もともと基礎疾患のある患者さんがワクチン接種から三日後に発熱し、そのまま熱が落ち着かず、高次医療機関に精査依頼中、という症例もあります。もともとの基礎疾患のせいなのか、それともワクチンの影響があるのかは不明ですが、感染症が落ち着いても発熱が続くというのは不気味です。どうしたものやら。

 ヒマラ屋さんでサイファビルを購入しました。家族全員の初日分しか用意できませんでしたが、初日こそが勝負どころだという話もあります。お守りになるだけで、使わずに済むことを願っております。


 いろんなことが立て続けに起きていますが、悪党どもの悪だくみも今までのようにはいかなくなりつつあるのかな、と思うことが多くなってきました。ホントの平和が来るのがいつの日かわかりませんが、気長に楽しくまいりましょう。

歯並びと中耳炎に関する愚痴

この秋に歯の治療をしたのですが、自費でのセラミック歯がどえらい金額になるので、家庭の事情もあって保険でお願いしたら、あろうことか前歯を反対咬合にされてしまい、入れたその日には咀嚼できなくて食事が摂れず、翌日に直してもらいに行ったら食事は摂れるんだけれど肩こりが酷いことになっていて、何度か行ったのですが、結局作り直してくれず・・・昔通っていた腕のいい先生は東京の実家に帰っちゃうし、秋田の歯科医はまともなのがいないのか!と絶望しています。
腕のいい先生は自費診療で金儲けに走っちゃうのでしょう、気持ちは痛いほど分かりますよ、ええ。(+_+)

肩こりだけでなく、持病の中耳炎が慢性化してしまい、薬を飲むと一時的には良くなるのですが、抗生物質を止めるとたちまち再発する、を繰り返しています。反対咬合にされてしまったために顎関節の位置がおかしくなり、耳管に歪みがきて中耳炎が治りにくくなっている可能性を考えています。

歯科治療も藪だと本当に罪作りですね。
衛生士さんが作ってくれた仮歯は素晴らしい咬み心地で、肩こりも治まるほど。この仮歯はエクスカリバーか!と喜んでいたのですが、完成品はその仮歯とは月とすっぽんの反対咬合。衛生士さんの腕が良くても歯科医の指示が悪いとどうしようもないです。
肩こりも中耳炎も困りますが、引っ越し準備で重い物を持つときに歯を食いしばる事が出来ないので力が十分に入らないのは本当に困ります。

もう引っ越しまで一ヶ月ちょっとなので、転居先で腕のいい歯科医に巡り会えることを願うのみです。医原性反対咬合なので、今入っているのを外して作り直してくれるだけでいいんですが、歯科の世界はよくわかりませんが不勉強と勉強熱心の差が大きすぎます。あ、医者の世界と同じか・・・。

いい歯医者いませんかねぇ、医原性反対咬合の歯を保険で作り直してくれる良心的な歯医者さんが。

雪国の困った事情

連休明けだというのに暇です。ヒマです。ついでに私は肥満体。
それはさておき。

89歳のじいさんが通院しておられるのですが、この方、高血圧どころか心臓病不整脈もろもろあるのですが、体の自由が利くので、毎日除雪をしている。しかし年のせいかくたびれやすいと仰る。

ちょっと待て、あんた心臓病持ちだろう、除雪作業の最中に心臓発作を起こして倒れたらどうするんだ、近所に人もまばら、雪が降り積もって全身を覆い隠してしまえば春まで気がつかれずにミイラ化した遺体が発見されるかも知れない、場所が悪かったら除雪車が知らずに轢いてしまうかもしれない、そうなったらみんなに迷惑どころの騒ぎじゃない、あんた一人が苦しむのは勝手だが、周囲の全ての人達に大損害を与えるかもしれないんだから、雪寄せなんかやっちゃダメ、今すぐ今日から人に頼んでアンタはやめなさい、と説得したのです。これが先月。

今日ふたたび来院されまして、もう雪はやってない、というのですが、なんだか汗臭い。夏に汗臭いのはよくあったことですが、冬に汗臭いのは除雪をしていないとしたら風呂に入っていない証拠。風呂には入っているというから除雪はしているのでしょう。やれやれです。

ほんと、どうしたらいいんですかね。




まー、春には私が秋田から離れますけどね。

年の初めに思い描く未来の形

 なにやらトランプ革命が大変な事になっているみたいですが、これでDEEP STATEの悪党共が一掃されて寡頭独占がなくなり、人民が自らの意思で様々なことを決定できるようになり、普通に働けば豊かに生きていられるようになり、病気や障害で働けない人も困らないように生きて行けるような社会が来るようになる、のでしょうか。まだまだ油断は出来ませんが、いずれにせよこれまで搾取する側だった者共が没落して行く方向なのは間違いないでしょう。

 日本でも小泉竹中安倍一味とその一族郎党の私財を全て没収して、三親等以内の公民権停止くらいやらなきゃいけなくなるんじゃないですかね。一味ですから自民党清和会、維新の会、公明党などの取り巻きも含んでいます。その上で、直接制民主主義とユニバーサルベーシックインカムを導入していく、というのはどうでしょうか。それくらいやらないと既得権益層が入り込んで、利益誘導を始めてしまいますから、そういう勢力を徹底的に封じ込めて二度とふたたび悪さ出来ないようにするしかないでしょう。

 これまでに何度も書いていますが、日本や世界の社会にこれから必要なものを改めて列記したいと思います。

#教育改革
過去記事にも書いていますのでご参照下さい。
https://harahetta.at.webry.info/201810/article_3.html
英語を使わせないための語学凶育を撤廃して、言語学や語学教育法を駆使して、教員レベルからの再教育を施し、一年で簡単な応答ができるレベルにし、三年で子ども向けの本が読めるレベルにする。進学校の高三が終わる頃には英語で本新聞雑誌が読めるレベルにする。大学生なら英語で授業を受けられてディスカッションが出来るくらいになる。英語凶育産業の餌食はもうおしまい。
学校という古いシステムを一旦リセットする。学年という年齢で輪切りにした制度ももっとゆるやかな、生徒の個々人に合わせたものに変えていく。
発達障害の子ども達にこそカスタマイズされた教育方法を授けられ、その個性を活かせる人材に育てる。
知的障害者の教育はまた別の問題だが、障害があってもむやみに隔離せず社会でうまく受け入れられるようなシステムが形成される。

#医療改革
これまでの西洋医学がどれだけ野蛮だったのかと後世の人々が呆れるようなくらい凄い医療が発達する。
ワクチンの危険性が明らかになって、注射による予防接種はほとんどがなくなり、どうしても必要な物は経口投与などの自然な形に近いものに変えられていく。
手術はマニュピレータなどの操作によって行われ、より清潔な操作が可能になっていく。たとえば看護師も経験年数や試験などで上級資格などを取得することで給料も上がる。医者はインテリの職業であることに変わりないが、優秀な学生が医学部ばかり志向するような歪な社会ではなくなってくる。
これまで身体的な物とされていた病気の多くが心身症で有ることがどんどん解明され、公認心理師のような資格がもっと大事にされ、街のあちこちにクリニック的に開業し、カウンセラー職がもっと重宝される時代になる。もしかすると医者以上の高給人気職になる可能性すらある。
栄養士も然りだが、栄養バランスが激変して食べ物の摂り方が変わることで人の健康維持と寿命の延長が可能になっていく。

#農業革命と砂漠の緑地化
人の理想的な栄養バランスが解明され、農業や畜産、水産業のあり方が激変する。
その過程で、農業を発展させるために砂漠の緑地化が進められる。海水の淡水化技術も広まる。
魚介類の養殖技術が進歩して、山奥でも海水魚が養殖されるようになる。
ビーガンやベジタリアンも暮らしやすい食生活が容易に行えるようになる。(但し私はビーガンは人間本来の栄養バランスには不向きだと考えています)

#LGBTQ
ゲイやレズのカップルが街を歩いていてもなんとも思わない社会になる。ノンケのカップルが9割なら社会システム的には問題無いだろう。そんなことより真面目に頑張っても結婚出来ない人達が多すぎる社会システムこそ変えられるべき。みんな仲良く、折り合いの付けられるところはつけて、ダメなら必要最小限だけに割り切って、お互いの領域を尊重しながら生きて行けばいいだけのこと。迷惑をかけるならそれは個々人の問題であって、LGBTQ全体を差別の種にするべきではない。

#直接制民主主義 ダイレクトデモクラシー
以前から言っているように、人が人を選ぶのではなく、人が方針を決定できるようにすべき。また、そのための議論が出来るような社会システムを作り、議論を庶民一人一人が展開出来るように、教育を改良して庶民の賢さの底上げをしていくべき。
また、衆愚を作り出すようなニュース番組を撤廃して、様々な視点から物事を考えさせられるような放送番組を作る、新聞社は真実を報道する、紙の媒体にこだわらない作りをする。(東スポのような、娯楽としてのおバカな新聞は有っていいと思うw)


#ユニバーサルベーシックインカム
これは竹中が言うような、エサまいとくからお前らそれで自分の面倒見とけ後は俺様が全部いただくぞ、みたいなことじゃないです。
人が生きて行く上で必要な保証をされた上で、もしも仕事がなくなっても生きて行くことは可能にし、人の自由度を上げた上で様々な仕事を選択していく。お金にならない仕事であっても生きて行くことが出来る様になり、お金になる仕事をすればより金持ちになれる。

医療と教育は最小限の所は完全無料化、高度な教育であってもかなりお安く受けられるようにする。高度医療については・・・どうなっていくんでしょうか。いずれ、今のように医者丸儲けな時代は遠くない将来に終わると思います。

#エネルギー革命
石油や原子力に頼った、寡頭勢力の金儲けのためのエネルギーシステムは遠くない将来自滅して、太陽光、風力、小水力、潮力、そして常温固体核融合などといったエネルギーシステムが普及し、世界の隅々で使われるようになる。それにより世界の貧困層がなくなり、皆が普通に働けば豊かな暮らしが出来る様になる。
紙のみならず、プラスチックのリサイクルが普及して、海にプラスチックを投棄するようなことはなくなり、むしろ回収する業者が出て来て儲かるようになる。

 2021年の年頭としては、こんな感じでどうでしょうか。
面白く生きられる世の中になるといいですね。あと何年かはしんどい状況が続くかも知れませんが、トランプ革命が成功すれば自民党清和会は一掃されるでしょうし、軍産複合体も力が弱まるでしょうし、そうなれば正しいものが幅を利かせる、息苦しくない世の中になってくるでしょう。
そうなれば、アビガンが広く処方できるようになるでしょうから、ウイルス感染症のかなり多くが克服出来るようになるんじゃないですかね。

その後全国大会の代表に選出されたそうです

以前、脳出血後遺症で一時期車椅子生活をしていた方が、身障者スポーツ大会で金メダルをもらった、という話を書きました。

その方、今年は秋田県代表で全国大会に出場する予定だったそうです。
残念ながら新型コロナウイルス感染症騒ぎで中止になってしまったのですが、来年こそはと意気込んでおられます。

お酒は多少たしなんでいるようですが、まあ、飲み過ぎなければ、ねぇ。(^_^;)




新型コロナウイルスのワクチンについて色々報道が出ているようですが、私は今ひとつ安全性が担保されていないし、安易に使うべきではないのではと警戒しているところです。
医療系サイトで分子生物学者の方が書き込んでおられたのですが、自己免疫疾患を誘発する可能性がある、とのことで、これはまさしくパピローマウイルスワクチンで頻発した奇妙な副反応ともリンクする話です。

パピローマウイルスワクチンについては、副反応がちょっとくらい出たって子宮頚癌が減ればいいんだとか、乱暴極まりないメチャクチャなことを言う輩もおりますので、これは相当なカネやらなにやらが裏で動いているんでしょうね。おお、怖い。

コロナワクチンが解禁された途端に、見たことも聞いたこともない奇病が頻発したりしやしないか?と訝しく思っています。
そんな怪しげなものよりも、効果がハッキリしているアビガンを解禁すべきなのに、色々と裏で悪だくみをしているんでしょうね。やれやれ。
どうにもならなければ中国かロシアから個人輸入でもするしかなくなるんでしょうか?可能かどうかわかりませんが。

「新コロも アビガン使えりゃ ただの風邪?」

新型コロナウイルスなんて、重症化する前にさっさとアビガンを使えば、基礎疾患がなく若い人達はほとんどが助かるはずですからね。
RNAウイルス感染症のほとんどに効果があるそうですから、全人類に福音をもたらすはずなのに、製薬メーカーならぬ病気産業のお歴々やら、ディープステートの連中やら、よほど庶民を幸せにしたくないのでしょう。自分らこそさほど幸せじゃないだろうに。お前らもっと幸せを追求しろよと思います。

今月はこんなところでしょうか。

・・・それにしても、このブログ、月刊はらへったブログとでも改名してやりましょうかね(笑)

人生はあまりにも短い

すっかり月刊ブログと化しております。(笑)
米大統領選の不正選挙の動向は気になるところですが、ネオコンディープステートどもの悪あがきぶりは相当なものですね。あれほどあからさまな事をしておいて知らんぷりとは本当に良い度胸です。我らに自由を!と叫びたくなります。

はてさて、四十代も後半になりますと、老眼は進んでくるし、記憶力も低下してきて、勉強しても昔のようには頭に入らないのです。来春には転職が決まって、おそらく来年秋頃には資格試験にチャレンジすることになりますし、それ以前に来月HSKという中国語の検定を申し込んでしまっているので、毎日勉強してたりするのですが、まーほんとに頭に残っていない。読んでみれば、あーこれかと思うんですが、英語を勉強していた数年前に比べてもじわじわと劣化してきているのかなと思うことが有ります。

そもそも語学を始めたのは、映画を原語版で楽しんだり、本を原語で読んだりしたいがため。中国語はアクション映画やウルトラマンの中国語版を見てみたいためにやっているのです。
自分のやりたいことは山のようにありますから、幾ら時間が合っても足りず、仮に100歳まで生きたとしても80過ぎくらいになれば本を今のような速度や理解力で読むことは困難になるかもしれない、長時間続ける体力がどれくらいあるかもわからない。

じゃあ、元気なうちに色んな事をやっておかなくてはと思うと、眠って起きて食べて風呂に入って仕事して・・・自由に使える時間は限られてしまう。自活出来るようになった頃には老化が情け容赦なく始まってしまうのです。

先人達が嘆いたように、老いというのは侘しいものですねぇ。

なーんて言ってるヒマはないのです。
自分にはやりたいことが山ほどあるのです!
死ぬまでやりたいことをやりまくってから満ち足りて死ぬのです!



状況が落ち着いたので書きますが、ここ数年地位にしがみついている老害上司が認知症気味になってきまして、昨年あたりからあからさまな嫌がらせを仕掛けてきていたのです。この俺様強気キャラの自分があろうことかパワハラに屈し、コロナ鬱だったのかどうか、春先には頚をくくりそうになっていたので、これはおかしい、こんなのは自分らしくねえ、と、低炭水化物食だけでなく軽い筋トレをするようになりましたら、今ではすっかり俺様キャラに戻りました。筋トレするようになって面白い事にはテストステロンが多くでるようになるというのは本当らしくて、男としての自信が少し取り戻せました。50前のおっさんなので少しだけですが(笑)。

来春には転職して秋田を出ます。私は次男坊なので秋田に住むことはもうないと思います。しばらくはカミさんの実家で義母(ばあちゃん)と同居して、マスオさんになります。


鬱気味を体験することでよく分かりました。思い悩み苦しめられることがあったら、とにかく現状打破ですよ。現状を維持してたら悪循環するだけです。何か違ったことをし、なにか新しい事をしたり、古いことをやめたり、いやな場から脱出を試みることです。

自分にはやりたいことが山ほどあるので、バカ愚劣老害につき合ってる時間はないのです。老害が死ぬのを待っているヒマはないのです。
山間僻地で人口はどんどん減っているし、元気な時間は残り少なくなってきましたから、仕事でも無駄遣いする余裕はありません。元気なうちにやりたいことをやらねばならんのです。


空き時間に書き足したのでちょっと支離滅裂気味の文章になりましたが・・・

みなさん、人の寿命は短いのです、やりたいことをやれるうちにやっておきましょう。そして、みんな幸せになるんだ!!

Lancetに掲載されたスガ総理への公開状

世界的医学雑誌Lancetに掲載された、スガ総理へのオープンレターです。RKブログで公開質問状と書いちゃったりしましたが、公開質問じゃなく、公開批判ですね。まったく辛辣に書かれています。deepstateと自民党清和会の悪党共が悪だくみと自分らの金儲けのためにどれだけバカなことをしているのか世界中の医者、医学者によく伝わったことでしょう。

https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(20)32033-X/fulltext から転載。
エキサイト翻訳https://www.excite.co.jp/world/english/ を使いました。

日本語として読みにくいところがありますが、お直しする時間的余裕がないのでご容赦を。

An open letter to Japan's new Prime Minister
日本の新しい総理大臣への公開状

On Sept 16, 2020, Yoshihide Suga was inaugurated as Japan's new Prime Minister after the resignation of former Prime Minister Shinzo Abe. One of Abe's political legacies was Japan's commitment to global health.1 Abe has been the leading advocate for human security and universal health coverage. Under his leadership, Japan contributed to revamping global health security systems by strengthening WHO's function and establishing the Pandemic Emergency Financing Facility and the Coalition for Epidemic Preparedness Innovations, all of which are now critical in the ongoing global response to COVID-19.

2020年9月16日に、菅義偉は元の総理大臣安倍晋三の辞任の後に日本の新しい総理大臣として開始された。安倍の政治的な遺産のうちの1つが、グローバルなhealth.1への日本の関与であった 安倍は、人のセキュリティおよび一般的な健康記事のための主要な支持者であった。彼のリーダーシップの下では、日本は、WHOの機能を強化し、流行用意革新〈COVID-19への進行中のグローバルな反応で現在そのすべてが危険な〉のための大流行病緊急事態資金調達施設と連立を設立することによってグローバルな健康セキュリティシステムを改造することに寄与していた。

There are, however, major challenges in Japan's current response to COVID-19. Although the COVID-19 mortality rate is relatively low, the reasons behind this achievement are not as well understood as for other successful responses in nearby east Asian countries. Key lessons from Japan's initial response were anecdotal, and there has been no formal scientific evaluation of governmental responses.

COVID-19への日本の現在の反応にしかし主要な挑戦がある。COVID-19死亡率は相対的に低いけれども、この達成の後ろの理由は、近い東アジア国での他の成功した反応についてよく理解したとおりではない。日本の初期の反応からのキーレッスンは逸話であった、政治の反応のフォーマルな科学評価が全然なかった。

The government is now accelerating domestic travel through it's Go To Travel campaign and encouraging the population to eat in restaurants with its Go To Eat campaign. The lack of accountability, combined with the government's rather laissez-faire approach, resulted in the recent large resurgence of COVID-19.2 Japan's pressing challenges in its COVID-19 response should be of the highest priority for Prime Minister Suga.

政府は、現在、通る国内の旅行を加速している それ 旅行キャンペーンおよびキャンペーンを食べるために、レストランでその進行によって食べるように集団に勧めることに、行くことである 。責任〈政府の少し自由放任主義のアプローチと結合した〉の不足は、そのCOVID-19反応において日本の押しが挑むCOVID-19.2の最近大き復活を結果として生じた スガ総理大臣のための最も高いプライオリティであるはずである 。

First, in order to maintain socioeconomic activities without draconian measures, and to minimise the long-term economic costs, it will be essential to develop a comprehensive testing strategy and to ramp up both PCR and antigen testing capacity. Ensuring sufficient testing and tracing capacities, and implementing locally managed, non-pharmaceutical interventions, will contain COVID-19 transmission promptly and effectively.3Second, supporting vulnerable and high-risk populations will mitigate the overall impact of COVID-19. A risk-based, bottom-up approach based on scientific assessment should be explored. Oversimplified practices implemented in a top-down manner, such as the New Lifestyle campaign, might not be applicable to essential workers, migrant workers, and service sectors.


第一に、過酷な手段なしで社会経済学の活動を維持し、長期の経済コストを最小化するために、包括的なテスト戦略を開発することが必須であることおよびPCRと抗原テスト能力の上のランプに。十分なテストするおよび追跡している能力を保証し、ローカルに管理されて、非調剤の介入を実施し、即座にCOVID-19トランスミッションを含み、effectively.3Second、脆弱なおよびハイリスクの人口をサポートすることによりCOVID-19の全体のインパクトは和らげられる。科学のアセスメントに基づくリスクベースで、ボトムアップのアプローチを探検するべきである。トップダウンの方法〈新規ライフスタイルキャンペーンなどの〉で実施された簡略化しすぎられた習慣は、必須の労働者、移動性の労働者、およびサービス部門に適用可能ではないかもしれない。

Finally, but not least important, protect front-line health-care workers. The burden on the overstretched health-care workforce is growing. The current financing scheme needs to be revised as part of an ongoing work style reform.4 Regular protective screening for essential workers will reduce transmission, mitigate further depletion of the workforce, and maintain their health conditions.

最後けれども特に重要である 前線健康世話労働者を保護する。過剰拡張された健康世話労働力の積載量は増大している。現在の資金調達計画は、必須の労働者のための進行中の仕事スタイルreform.4規則的な保護スクリーニングの一部が、トランスミッションを減らし、労働力のより一層の枯渇を和らげて、それらの健康条件を維持するように改訂される必要がある。

COVID-19 has posed sector-wide challenges and revealed the fundamental inequalities in the human security agenda. The Japanese health system is no exception. Considering Prime Minister Suga's enthusiasm for saving citizens' livelihoods and revitalising the economy, we, health-care workers and scientists, expect him to manage and control the crisis by expressing empathy to vulnerable and high-risk populations and by protecting front-line workers. A human security approach—a fundamental value in Japan's foreign policy that prioritises protecting human lives—is pivotal.1 Containing COVID-19 domestically through invigorated science and innovation will strengthen global and regional health security; such an approach will also help Japan revamp the highly politicised COVID-19 response and resume a leadership role in global health policy to end the pandemic.

COVID-19はセクタ広い挑戦を提出し、人のセキュリティ議事日程において根本的な不均衡を明らかにした。日本の健康システムは全然例外ではない。市民の生計を保存し、経済、私達、健康世話労働者と科学者、彼が、共感を脆弱なおよびハイリスクの人口に表現することおよび前線労働者を保護することによって危機を行い、コントロールすることを期待していることを活性化することへのスガ総理大臣の熱狂を考慮する。人のセキュリティアプローチ--保護人命をprioritisesする日本の外交方針の根本的な価値--は、力づけられた科学を通じてCOVID-19を家庭で含んでいるpivotal.1であり、革新によりグローバルで、地域の健康セキュリティは強化される;そのようなアプローチは、また、日本が、高く政治化されたCOVID-19反応を改造することを手助けし、大流行病を終えるために、グローバルな健康方針のリーダーシップ役割を再開する。

KShim receives research support in the UK from The Rotary Foundation, Japan Student Services Organization, and the British Council Japan Association. All other authors declare no competing interests.

KShimは、ロータリー財団、独立行政法人日本学生支援機構、およびブリティッシュ・カウンシル日本協会から、UKでの研究サポートを受ける。すべての他の作者は競争興味を全然宣言しない。

(転載終)

おっさんになって学び直ししていて気がついたこと

 幼少期からADHDの傾向があり、注意力散漫になっているかと思えば今度は過集中するような自分なのですが、過集中のおかげで得意科目を得意分野を伸ばして大学入試も国家試験も乗り切って、注意力散漫であってもミスに気がつくヒラメキもあったので、今まで医療訴訟を起こされることもなくなんとかやってこれました。研修医時代は睡眠時間も食事もメチャクチャで、そのころにはとんでもないことをやらかしたこともありましたが、先輩ドクター達に助けていただいてなんとか乗り越えてきました。

 ADHDの人に限らず大事だなと思うのは、自分に合った食事バランスと量を見つけて、腹が減りきる前にちゃっちゃと食べること。寝る時間があるときは積極的能動的に布団に入って睡眠時間を確保すること。やはり睡眠は大事です。おっさんになってしまったせいか、眠れない翌日は本当に辛いですし、ストレスも多くなっているので安定剤のお世話になる日が多くなりましたが、睡眠を取ればなんとかなります。

 この数年、英語の勉強をしたり、通信制の大学に編入したり、おっさんなのによくやるなーと自分でも思いますが、どうして毎日継続出来ているのかを自分なりに考え、気がついたことがあります。

 パソコンやスマホのカレンダーや、表計算ソフトを使って、おおまかな目標、予定を立ててみて、自分に出来る量と質がどの程度なのかを計測し、これなら毎日継続出来るという量で、その日にやる課題をカレンダーに書き込むなり、表計算ソフトで予定表を作ってしまうのです。

 例えば、語学だったら本の課題を一日一課ずつ勉強し音読して、復習はどれを音読するのかとか。大学の課題だったらどの教科のどの課題をどの程度の進度で進めていくか、とか。自分は物事が煩雑になってしまうと途端に何も手が付けられなくなりますから、できるだけやるべき事を単純にわかりやすくまとめてしまうようにしています。語学は自分に合った教材が見つかるまでが大変ですが、それさえ見つけてしまえばあとは毎日やることは単純なので永続出来ます。

 自分に合った量、がどれくらいなのかを知ることも大事です。簡単な本なら二冊並行しても大丈夫ですが、それなりに文章が多い本なら並行でやっていると3日か一週間あたりでイヤになってきます。そういうときは量を減らすか、同時並行をやめるかして、自分に負荷をかけすぎない量を設定します。1日30分とか1時間とか、長くても1時間半くらいで1日のルーチンが終わるようにします。

 習慣化してしまえばあとは毎日続けるだけです。課題を終えたらあとは遊ぼうと何しようと自由になれますから、この数年は毎朝目が覚めてコーヒーか何かをちびちび飲みながら音読しています。その日の課題を朝のうちに終えられたら、夜は完全に自由時間です。出来るノルマを決めて、それを毎日繰り返すだけで、語学はそこそこのところまでいきます。

 このやり方を高校生の頃に知っていたら、もっと違った人生だったかも知れませんが、30年前はCDを使った教材がやっと出始めたくらいで、カセットテープをいちいち巻き戻してやっていた時代ですから、今のようには行かなかったでしょうね。今は厳しい時代ではあるものの、若い人達には学びのチャンスだらけですし、技術的な環境も整っている時代ですから、自分に合った学問や職業を目指し勉学を修得して欲しいですね。


私の語学スケジュール表です。newは本文を10回音読、それ以外のところは一回ずつ復習音読しています。newは必ず手本音声をシャドーイングします。
無題.png

お薦めの教材はZ会の速読英単語シリーズです。単語の羅列でなく、いい例文があり、CDも付いていますから、毎日少しずつ音読するのにはもってこいです。さすがZ会ですね。

速読速聴・英単語 Basic 2400 ver.3 (速読速聴・英単語シリーズ) - 松本 茂, Gail K. Oura, Robert L. Gaynor, 松本 茂
速読速聴・英単語 Basic 2400 ver.3 (速読速聴・英単語シリーズ) - 松本 茂, Gail K. Oura, Robert L. Gaynor, 松本 茂

学び直しの真っ最中

このところすっかり更新する余裕がないのですが、実は春から通信制の大学で勉強しております。まさか中年のおっさんになってから大学に入り直すことになろうとは全く考えていませんでしたが、友人が50歳になるのに社会人枠で大学院に入ったというのを聞いて、これは自分もなにかチャレンジしなくてはと一念発起したのでした。

世間はコロナ騒ぎで人と接触する機会を減らす方向に動いていますので、スクーリングもオンラインですが、同じ班に70歳台のおねえさまや今年還暦で定年を迎えるというおねえさまがおられたりし、20台前半から70台までと広い年齢層に驚きつつ、何よりも自分と同年代が一番多く学んでいるということで、励みになっております。

人生、いくつになっても挑戦しなくちゃねぇ。

大学の勉強もだいぶ先がみえて余裕が少し出来たので、語学の勉強を再開したのですが、そんな矢先にとある資格の受験資格が認定される可能性が出て来まして、学会専門医もろくに取らないくせになにをしているんだろうかなどと自嘲しながらも、やりたいことに向かって猪突猛進しようとしています。

もう一点、ここではまだ書けない事情が生じておりまして、転身というか転職を検討しています。医者そのものをやめるわけではないのですが、何事も後悔のないように色々とやってみたくなって、これまた勉強です。医者は勉強のプロでなくちゃいかんといいますから、おっさんになって記憶力が低下しているのを毎日自分で叱咤激励です。

以上、生存報告でした。

検索サイト

オッス!オラ、はらへった!最近忙しくって、全然更新出来なかったぞ!

・・・挨拶はそれくらいにしておいてw
村八分ならぬ、Google八分がいよいよひどいことになってきているみたいで、検索方法をGoogle以外に変えようと思うのですが、どれがいいのかなかなか悩ましいところです。

RK大将に以前教えていただいた検索サイトはこれ。
検索デスク
https://www.searchdesk.com/
複数の検索サイトを絡めて検索してくれるので便利です。

プライバシー保護が売りの検索サイト。私のスマホはこれをメインの検索サイトにしています。
DuckDuckGo
https://duckduckgo.com/

他にもいくつかあるのですが、GoogleやYahoo!に頼らない、お上に阿らない、そんな検索で情報リテラシーを鍛えたいものですね。

近頃インディープの記事が面白いです。ネットゲリラも面白いけど。
https://indeep.jp/

新型コロナウイルス感染症の症例報告

日本感染症学会に投稿された症例報告を読んでみたので、個人的メモも含めて書いておきます。

http://www.kansensho.or.jp/modules/topics/index.php?content_id=31#case_reports

アビガン・ファビピラビルは比較的早期に改善が見られて、副作用も少ない。福音になるかもという記述まであり。いくつか読んだ中でも著効例がはっきり目立つ。

ロビナビル・リトナビルは改善したが、インスリン抵抗性があり、糖尿病が悪化しやすい。

オルベスコ吸入の対症療法で改善した症例あり。

ゾフルーザ使用例では悪化してラピアクタを追加いるが、悪化はステロイドパルス療法のせいかもしれない。
読んだ症例では麻黄湯は効果がなかったとされていたが、証が合致していないだけかもしれない。

高齢者に麻黄湯を使う治療法が横行していて驚いた。高齢者に使うならエキス製剤だと麻黄附子細辛湯を使うべきだが、漢方に詳しいドクターと出会わなかっただけかもしれない。越婢加朮湯の使用もあり、これは麻黄入りだが関節痛に対して行ったのか?



とまれ、全国的に流行が拡大する頃にはアビガンを日本国内でもっと簡単に使えるようにすべきでしょう。今すぐでも指定医療機関で使えるようにしなくちゃいけないと思いますけどね。

安倍犯罪者一味とその背後にいるDeepStateの連中が妨害してくるでしょうから、今後の経過を生温かく見守ってやりましょう。

J-IDEO+(ジェイ・イデオ PLUS) -新型コロナウイルス感染症(COVID-19) (JーIDEO+) - 岩田 健太郎, 岸田 直樹, 忽那 賢志, 坂本 史衣, 山田 和範, 山本 剛
J-IDEO+(ジェイ・イデオ PLUS) -新型コロナウイルス感染症(COVID-19) (JーIDEO+) - 岩田 健太郎, 岸田 直樹, 忽那 賢志, 坂本 史衣, 山田 和範, 山本 剛

新型コロナウイルスの真実 (ベスト新書) - 岩田 健太郎
新型コロナウイルスの真実 (ベスト新書) - 岩田 健太郎

こんなご時世だからこそ未来を夢想しようぜ!

安倍一味の批判とワルクチばかりで飽きてきちゃったので、奴等が逮捕されて刑務所にぶち込まれ、表舞台から消えた後にどんな素晴らしい世界にしたらいいだろうか?と考えています。

みなさんもご協力を。

てなことで、過去記事をリンクしておきます。
超長文もありますが、是非是非お読みください。

https://harahetta.at.webry.info/201303/article_5.html ちょいとイメージしてみる

https://harahetta.at.webry.info/201306/article_1.html 理想像の磨き方/シンクロニシティ

https://harahetta.at.webry.info/201303/article_6.html 夢想によるイメージ形成のコツと実現に向けての熟成(ちょっと追記)

https://harahetta.at.webry.info/201307/article_8.html 檄文?を改めて書いてみた

https://harahetta.at.webry.info/201810/article_3.html これからの日本や世界にあらまほしきことごと

https://harahetta.at.webry.info/201406/article_3.html 夢見れば夢も夢じゃない

https://harahetta.at.webry.info/201207/article_48.html 夢想したことを記録しておこう(^-^)

https://harahetta.at.webry.info/201710/article_5.html 直接制民主主義と国民立法できる議論の場

ウイルスとブラウン運動と布マスク

顔本で布マスクの一見不十分そうなフィルタでもなぜウイルスが捕捉出来るのか?ということについて興味深い話題がでていたので御紹介します。

https://www.env.go.jp/jishin/rmp/conf/waste_safety02/mat05.pdf

金沢大学大谷教授の資料です。
専門用語だらけで難しいですが、ちっちゃなウイルスだからこそ、空気分子に衝突されるためブラウン運動が生じて激しく動き回っています。それゆえ、金網を砂粒が通り抜けるようにはウイルス粒子が通り抜けられず、繊維の網にぶつかってしまう、ということだそうです。

我々が万一の時に使うN95マスクというのは最も捕捉しにくいといわれている0.3μmの微粒子を95%以上捕集できるのですが、0.2μmの微粒子なら通り抜けるのかというと、実は小さすぎるとブラウン運動が生じるために逆にうまく網を通り抜けられなくなる、のだそうです。

その昔ウイルス学の先生からはマスクなんてウイルス粒子から見たら穴だらけなんだ、なんて言われて、そんなものかと思っていましたが、実際はウイルス粒子は小さすぎるために激しく動いて、網にぶつかりまくってしまう、という事だそうで、目からウロコが落ちまくりでした。

布マスクの型紙をいくつか検索してみましたが、ベトナム型マスクというのは使えそうかなと思いましたが、今ひとつ納得のいくものがなかなか見つからないので、自分の顔を計測してマスクを作ってみようと考えています。

布マスクの管理方法について、花王の衛生科学情報サイトが記事を書いていましたので、リンクしておきます。
https://form.kao.com/jp/pub/open/eiseikagaku-theme08

折角のエイプリルフールなのに

折角四月馬鹿の日だというのに、職場の改築移転で開所初日当日ということもあり、なーんも莫迦な冗談は思いつきませんでした。

忙しくて、オジサン化してきたせいか疲れがなかなか抜けないですが、風邪もコロナも引かずに生きてます。やれやれどっこいしょ。

コロナのことはさておいて

コロナ、やっぱり経済テロだったようで株価大暴落中ですね。
アビガンの使用はどうなっているのかはっきりした情報が入ってきませんね。
私の受け持っている施設で集団風邪が発生していて、保健所に相談しているようですが、2~3日で熱が下がって皆さん治ってしまっているのでコロナの検査はまだ出していません。はてさてどうなりますやら。

そんなことはさておいて。


朝ドラの影響で骨髄バンクに登録しようかと思ったら、五十五歳までしかできず、しかも高度肥満は登録できないことが判明。こりゃ本気でダイエットするしかねーじゃねーのと焦っております。

抗がん剤治療などでカツラが必要になった人達のために、髪の毛の寄付活動があると知り、これなら出来そうと言うことで髪を伸ばしています。
色んな人から色んな事を言われるので、その都度ヘアドネーションのことを話すようにしています。
娘は先日長髪を切って寄付し、ショートカットになりました。

この春から通信制の大学に編入が決まり、再び大学生になります。もう50も近くなってきたので、知力体力の使える内にやりたいことをやっておかねばなりません。光陰矢のごとし、今が一番若くてチャンスに満ちあふれているのですから、逃すべきではありません。


もう人生の折り返し点ですから、悔いの無いように色々なことに挑戦して行こうと思っています。
皆さんも何か挑戦しませんか!