ワクチンを打たない自由はリスクと引き替え

ワクチンについては過去にもいくつか記事を書いていますが、今回は私の身近で起こったことについて書きます。

先日、お子さんが産まれて数ヶ月というママさんが来られて、ワクチンを子供に打ちたくないから一筆書いてくれと無茶なことを言われました。
この方については、何度も顔を合わせており、問題がなくもない方なのですが、それはさておき。どうしてそうなったのかを問い質したところ、私の大嫌いな某氏の著書を人に勧められ読み、勧めた人物から相当色んな事を吹き込まれたようです。

著者の名前は出しませんので察して下さい。あの人物の書いた内容は参考になる事も多少は有りますが、人間的には全く信用していません。また、その人物には取り巻き連中がいるのですが、某SNSでその方々に絡まれたことがあり、それはそれは厄介でした。

詳しく話を聞くと、その本と、岩田健太郎教授の本を読んだだけで、あとは吹き込まれた内容を聞いて怖くなったと言うだけで、ワクチンはイヤ!と思考停止しているのです。
おいおいそりゃないだろうよ。あんたその子を育てる責任があるだろうよ。と思いましたが、なかなか話しが通じない。
とにかく色んな人の色んな説を読み比べて、きっちり知識を身につけて咀嚼して、その上でどれを打ってどれを打たないかの判断をしてくれ、と言いました。

なにしろ、母里啓子先生はおろか、船瀬俊介さんの本すら読んでいないというのです。そんな有様でワクチンはイヤ、なんて言われたってこちらもハイソウデスカとはいきません。
とにかく、打たないつもりなら、打たなかった場合に何が起こるのか、きちんとリスクを知ってそれに対して対策を立てるなり覚悟を決めるなりしなさい、と話しました。
強情というか意固地というか、こちらの話しを受け止められない(元々そういう方です)ので難儀しましたが、とにかく母里先生の本だけでも読めと言って、Amazonの当該ページをプリントして渡しました。

ワクチン反対派の方々にも色んな方がおられます。ゆどのやまさんのように色々な本を読み、勉強して知識を得た上で覚悟を決めてやらない、というなら私も意志を尊重します。
しかし、この方のようにロクに本も読まず、誰かに吹き込まれた恐怖心だけで無責任に打たない宣言をするのは容認できません。そんなことでは保健婦さん達を論破するどころか児童虐待扱いされかねません。

いろんな考え方が有ります。様々な論説に触れ、きちんと勉強して、自分で咀嚼した上で自分なりの考えを持つなら大いに結構ですが、耳学問にもならない噂話レベルのことで恐怖心を抱いてワクチンを打たないとか、そういうのは本当にやめて戴きたい。






ワクチンで子どもは守れるか? (社会運動 No.427)
ほんの木
2017-07-15
母里 啓子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



ワクチンは怖くない (光文社新書)
光文社
2017-01-17
岩田 健太郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



効果がないどころか超有害! ワクチンの罠
イースト・プレス
船瀬俊介

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


この記事へのコメント

母うさぎ
2018年11月25日 14:38

子供が赤ちゃんの頃、新米母としては一日なんとか無事に終わらせる事に必死だった気がします。
なにしろフワフワした極楽トンボ娘がある日を境に突然人間の母親になってしまうわけで、子育てって、出産時の有り得ない苦しみから、しばらくずーっとパニック状態が続いてるような生活だと思います。

もちろん個人差というか家庭環境で異なり、周囲に手伝ってくれる人や話を聞いてくれる人が沢山いる状況の子育てだったら、かなり穏やかな日々を送れるのかもしれません。
私の場合は親兄弟、親戚、皆九州在住で、夫もほとんど家におらず、東京の片隅でまさに母子カプセル状態でした。

とはいえそのパニック生活が今思えば本当にしみじみと懐かしく、二人も子供を産めて無事育てられた幸運を心から神に感謝しているのですが…。

思えば母親になり、子育てというものを通して世の中の事を急に真面目にあれこれ考えるようになった気がします。
予防注射 :ワクチンに関しては当時、うっかりして忘れるような事がないように、母子手帳を見ながら一生懸命、病院や保健所に行って子供に受けさせてましたね。通知が来たものは全て。

しかしその頃の自分は、世の中の事をどの位理解していたのか?
はっきり思い出せませんが、おそらく何もわかってなかったと思います。
2018年11月26日 09:56
>母うさぎさん
お疲れ様でございます。(^o^)ゝ
親族の援助なしに出産し子育てするのは大変でしたでしょう。
姉貴が出産直後は実家にしばらくいたのですが、その大変さがわかっていたので、うちのカミサンがお産する時は里帰りしてもらっていました。

思い返せば、うちのカミサンは子ども達が小さいうちはしょっちゅう実家に帰っておりました。遠方なので一度行ったらしばらく帰ってきません。でも、お互いに羽を伸ばせた時間だったと思います。

今時のママさんたちが何にもわからないままで子育てするうち、その過程にはワクチンが待ち構えています。記事のように偏った知識とは言えど、その不可解さを知ることが出来た人はまだマシな方かも知れません。

もっといろんな情報を知って欲しいですが、ネットの情報も玉石混淆だし、なかなか難しいことですね。
母うさぎ
2018年11月29日 10:00

はらへった先生

子育てに待った無しで、子供が成長するにつれ次々に否応なしに子供の為にやらねばいけない事が出現するので、母親には(父親はちょっと違うと思う)改めて世の中の事を考えたり本を読んだりする暇も心の余裕もないんですよね。

「働く母」は目が回るほど忙しいでしょうし、だからといって「専業主婦」が暇があるかというと決してそうではなく、幼い子供と一日中一緒に過ごすということは自分の時間が全く無いという事でもあります。
そして超・非効率的にしか物事が進まないのでストレスが溜まります。
むしろ働く母の方が、外の効率化社会で半日過ごせるのでその分息抜き…もとい、気分転換が出来ていいかもしれません。
(^_^;)

もっともそれは子供がごく幼いうちの事で、子供が成長するにつれて少しずつ考える余裕や時間の余裕ができてくるのですが…
日々の生活に追われているとなかなか社会問題など考えるにまで至りません。
色々とお付き合いもありますしね。

一度立ち止まって、自分の頭で深く考えてみる事は大切な事ですが、ご存知のように「そうはさせまい」とする勢力があの手この手で考える暇をなくさせようとしてますからね~。